メガネ・補聴器・時計・宝石の尚時堂 ご相談・検査のご予約は、電話0956-63-2235
両眼  

 

   ロービジョン

ロービジョンとは?

メガネやコンタクトを利用したり専門医で治療をしてもらっても、視力そのものが衰えてしまっているために改善効果がほとんどなく、車の運転はもとよりテレビや新聞を見る事すら困難な状態をいいます。でも、このようなロービジョンの方でも最近、専用の視力補正機器が開発されてきて、ある程度の水準であれば「見る」ことができるようになってきました。

お気軽にご相談ください!

尚時堂では、無料でロービジョン相談を行っています。
お客様がどういうことにお困りなのかをお聞きし、視力、視野測定などの視機能検査をもとにして、お客様の見え方に対応した光学的補助具、利用可能な社会制度を紹介しています。目の病気のために矯正視力が出ない方でも適切な補助具を使うことにより、日常生活の質を高めることができます。相談料は無料です。

補正機器の種類

【ロービジョン専用 視力補正機器】
簡単に言えば、文字や絵を10倍、20倍と倍率を大きく拡大することで、今まで見にくかったものを見えるように改善します。

記事を読む



直接、メガネに付けるタイプ


読み取って、モニターに映すタイプ


持ち運び簡単な携帯タイプ

尚時堂がロービジョンにこだわる理由。

それは、ある日、ご来店くださった低視力のお客様との出会いが始まりでした。
この日を期に目に携わる人間として、見える喜びをもう一度与えてあげられないかという気持ちでいっぱいになりました。
おかげさまで、このお客様からは「よく見えるようになったよ」との言葉をいただき、大変うれしくなりました。

ただ、誰でも同じ効果があるのかというと、その方の目の状態や見たい物によって、見え方も様々。
これからも、もっともっとたくさんの方が見えるように頑張っていきます。


【関連記事】
長崎新聞「ろーかるずーむ」
(2008年3月28日)
◎低視力に悩む人々を支援 オプトメトリスト・中村尚広
 「見える喜び、あきらめないで」
記事を読む