メガネ・補聴器・時計・宝石の尚時堂 ご相談・検査のご予約は、電話0956-63-2235
両眼  

 

電波時計 買い方のツボ

〜究極の正確さいつまでも〜

機械式の高級ブランド時計も魅力的だが、時計の正確さを追求するなら電波腕時計が魅力的だ。

電波腕時計は時刻情報を乗せた標準電波を受信し、自動的に時刻を修正する機能を持つ。テレビやラジオ並みの正確な時刻が分かるのが最大の魅力。
そこまで正確さを求めないという意見もあるが、実際に使っている人の意見を聞くと「正確な時刻が分かるという安心感から、気持ちにゆとりができる」という声が少なくない。

かつての電波腕時計は電波の受信感度を維持する必要性から、ケースの一部(裏蓋)が樹脂製で分厚く、野暮ったいものが多かった。
2002年にシチズンが業界で初のケース全体が金属製の「フルメタル電波時計」を発売し、一般的な腕時計とそん色ないデザインの商品が増えている。

電波腕時計にさらに光発電機能を組み合わせれば、電池交換の必要ないメンテナンス・フリーが実現する。
旧モデルの中には電池式のモデルもあるので注意が必要。

  

電波腕時計は、時刻情報を乗せた標準電波を受信することで、自動的に時刻を修正する機能を持っています。時報並みの正確な時刻を得られるのが最大の魅力です。「正確な時刻が分かる安心感で、気持ちにゆとりが生まれる」というのが使っている人の声です。


■価格帯が広いので事前によく吟味を
下は二千円台から上は十万円超まで、さまざまな商品が展開されているため、即決できる人は少ないだろう。ビジネス時に使うのか、休日のアウトドアで使うのかなど目的を絞り、事前にカタログやインターネットを見てイメージを固めておくとよい。

■腕だけ目立たぬように全身のバランスを見て
電波腕時計に限らず腕時計にはトータルなファッションセンスが現れる。パッと見てかっこいいと思っても、いざ身につけてみると腕だけ目立ってしまうというのではまずい。選ぶ際には全身が映る鏡でバランスよく確認してみたほうがいい。

■質感重視なら「電池式」も
光発電の文字は透光性を保つ必要から、色や材質が限定される。文字盤の質感にこだわりたい人はあえて電池式を選ぶのも一案だ。

■『壊れない、狂わない、止まらない』の三拍子
カシオの人気ブランド「Gショック」の最上位モデル(MR-G)は、特徴である耐衝撃性に加え、電波受信、光発電の機能が加わり、『壊れない、狂わない、止まらない』の三拍子を兼ね備えた究極の腕時計が誕生している。